ハッキリ言って駄作! 期待してるからこそ、あえて言います!!


スポンサーリンク

lyrical school 「brand new day」

大人しいのか、popなチューンしたいのか
不明確なBGMラップになってしまっている…。

なんと作詞には、
KICK THE CAN CREWのLITTLEに作詞を担当している!!
なのに、この出来の悪さかと嘆かわずにはいられない…。

しかし、それはLITTLEさんが悪い訳ではなく、曲作りを依頼する上で、
この「brand new day」という曲のコンセプト、lyrical schoolが
どういうグループなのかを、きっと伝えきれずにいたのでは無いかと推測できる。

LITTLE好きの僕には、プロデューサーとコミュニケーション不足が
きっちり行われなかったから、こうなったのだと信じたい個人的な気持ちもある。

もちろん良い所もあるよ!

「2つ付いてる ツインテール」
「シッポに似ている ポニーテール」
ここの歌詞は、メンバーの個性が唯一表現できている。
PVでメンバーのayakaとamiが髪型を歌詞に
合わせて注目させているのが、印象的で個性が溢れて、ほっとしました!
(ちゃんと良い所もあったからね!w)

だけど、その後の最後のパンチラインで、
「かなりキテる 感じてる」って
LITTLEさん、小節最後にこれはダメでしょw
ちょっと弱くないすか〜!!
せめて「いろんな髪型おしゃれして〜る」
くらいの髪型に繋げた踏み方はして欲しかった。

あと、1つおしい所が〜!!
メンバーのhinaがラップする所で、
「今日はぎゅっとくっついていよう」
「昨日よりずっとくっついていいよ」

スポンサーリンク

ここは強調するところでしょう〜!!!
アイドルラップならではの素晴らしいパンチラインの箇所なのに、
声量が無いのと、次のバースに繋げようと遠慮した為、
ラップが大人しすぎて、バシっと決められていない〜!

本人の性格も有ると思うけれど、ここは強調する所だと理解していない事が窺え、
LITTLEさんの歌詞の意図を汲み取れていない事が露呈された箇所だと思う。

アイドルらしく可愛く「くっついていいよ♥」って
言って欲しかった…。

衣装がざんねん…

トレーナーにショートパンツだけって、、、
アイドルに寄せたいのかラッパーに寄せたいのか、
コンセプトの無さが衣装からも出ている。
せめてもの救いは、色分けはきちんとされている事くらい。(当たり前か?)

LITTlEさんの歌詞は、歌い手の実力が無いと…

韻を1つ1つきちんと決めるというよりは、
流れるようなフローで心地よいラップをする
ラッパーですので、そもそもLITTLEさんの歌詞に
アイドルがラップするのは、難しかったのかもしれません。
(LITTLEさんがこのbrand new dayをラップすれば、
かなり良い印象に変わるはず。)

まとめ

プロデューサーもただ有名な方に依頼するだけでは
良い曲は作れないという教訓となる戒めの曲になれば幸いです。

だけれども、「なにか心地よいBGMを聞きたいな…」と
思った時に、BGMラップとしてこの曲を聴くのはオススメです!!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。