デスメタアイドルの新しいスタンダード”デスラビッツ”ラップに注目してみた!


スポンサーリンク

みなさんこんにちは!カワです!
最近、個性のあるアイドルが様々増えてきています。
中でも異質な存在となり巷で話題となっているのが、今回取り上げます、デスラビッツです。

本日はデスラビッツの曲の中でも”恋する季節”ラップに注目します!
どうぞご覧ください!

デスラビッツとは

簡単な概要

デスラビッツ


地下アイドル界のカリスマ『usa☆usa少女倶楽部』
彼女達が所属するレコード会社の部長が、「アイドル紛争時代を生き抜く為には、俺がたたねばならない!」と勘違いし、自慢のデスボイスとハードコアサウンドを武器に新ユニットを結成!!
35歳・190cm完全武装の部長と、中学生のアイドルとのコラボレーションは禁断の領域を凌駕し、銀河を平和の時代へと誘う起爆剤となった。
数々のアイドル達が待ち受ける戦場へ駆り出される『デスラビッツ』。果たして彼女達の運命は!!??
公式サイトより出典


あの長身のマスクは誰なの?

デスラビッツ,神崎部長
デスラビッツを知らない初めての方は、後ろの黒い人が気になると思います。
「なんでアイドルに男が!?」
「保護者!?もしくは警備の人!?」
などなど、様々な疑問が浮かぶと思いますが、結論から言いますと、彼はデスラビッツ所属事務所の”部長”です。
部長が何故かアイドルとして、デスラビッツのメンバーとして加入をしているという事です。
この部長がマスコット的な役割を果たし、特にライブトークを盛り上げるべくいじられ役に徹して、デスラビッツの象徴的存在となっています。
好き嫌いは別れるかもしれませんが、ともかく!あのBIOHAZARDハンクみたいな風貌は、忘れたくても忘れられないんじゃないでしょうか!


ジーアングルレコーズの部長。神崎 晃(36歳)
アイドルプロジェクトなのに何故か自らデスラビッツメンバーに加入。
発想と発言が奇抜すぎて周りのスタッフを困惑させることが多い。砂肝とビールが大好き。
自慢のデスボイスとシャウトを活かしプライベートではAKIRADEATH というユニットでも活動中だが、連日の晩酌が影響してか、ステージ上での動きにキレが無い。
公式サイトより出典

恋する季節

デスラビッツ,恋する季節

デスラビッツラップパート

ラップ箇所
① 0:46から
② 2:20から
③ 4:23から

設定

曲構成としては、彼女達はもっと可愛い歌を歌いたいけど、部長が「この曲でいくぞ!」と作ったから、
仕方なく彼女達3人が歌っているという設定の歌詞。
彼女達がしょうがなくやらされているという設定が公式サイトと歌詞の内容から表れています。

歌詞の内容

実は、この曲は内容が2部構成と別れていると推測されます。

スポンサーリンク

①男(部長)の失恋

ある夜すれ違いで彼女と別れてしまった一人の男。春が来るたびに、前の彼女の事を想いだし、別れてしまった事を後悔する。
しかし、ある時運命の再開となりうる偶然が。人ごみで彼女を発見する。千載一遇のチャンスを得るが、しかし、なぜか男は声をかける事が出来ず、寄りを戻す機会を失う。
そして、もう会う事の無い彼女をいつまでも想う…。という内容。

そして、この男というのがPV冒頭と歌詞の一部内容から部長だというのが伺えます。


赤いお目目から涙キラリ
外せないよ黒いマスク


間のトーク(②に移る前の前置き)

「この曲が暗い…。」
「歌詞に日常を持ち込み過ぎ。」
「もっと楽しい歌が歌いたい!」

という様な、部長に対して不満爆発の女子トークが繰り広がられます。
そして、「いっくよー!」という掛け声を合図に、歌詞の内容と曲調がガラリと明るく変わります。

② 可愛いサビ

ゆずちゃん、えみちゃん、かりんちゃんの3人が無理矢理押し切った形で、”恋する季節”の曲調をポップに変え、アイドルソングらしく可愛らしい歌に仕上げています。
それに伴い歌詞の内容も変化。前半は部長の失恋した想いに関して歌っていたのに対して、
「春が来たんだから、歌って踊って楽しんじゃおう!」
「好きな人がいるなら、私たちが応援するよ!」
と、女子中学生らしい無邪気な内容にプラスな感情で変換されています。
注目する箇所として、12,13才くらいの女の子に、30後半のアラサーおじさんの恋愛事情を歌わせてるところです。
「歌わせんなよw」とツッコミたくなります。

自己紹介ラップ

● 簡単な概要

ラップ箇所は冒頭と途中とラストに3回歌います。
内容としては、デスラビッツの簡単な自己紹介。ラッパーも自分を表現するのに、自己紹介フリースタイルという形でライブやアルバムの最初の曲で披露する事が多いです。
ラップが主体のグループでは無いため、名前を呼ぶくらいで内容は大分短め。ですが、なぜか部長は特長や育ちなど、メインの3人より多く内容がラップされています。
部長が作ったとされている曲だから仕方ないんですがねw

● 男女のペアラップ

男がラップして、続いて女性がラップするというペアラップ的な分類のラップになると思われます。
そこがデスラビッツの良さになります!ラップをした際に低い声と高い声のアンバランスによってお互いが引き立つ為、ラップビートが単調になることなく、飽きないで楽しめるはずです。
しかも年齢差も全然違うので、その効果が存分に発揮されています。

ちなみに彼女達の年代や系統の違いは勿論ありますが、女性と男性がラップする曲の例は下記です。





さいごに

デスラビッツラップ特集いかがでしたしょうか?
デスラビッツはまだデビューしたばかりで、曲数は少ないですが、なんと9月にニューアルバム”第一次うさぎ大戦”が発売されます!
もしかしたら、デスラビッツラップも収録されているかもしれませんので、ぜひ新しいアルバムをチェックしてみてください!

それではまた!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。