学生イベント「AGESTOCK2014 in 両国国技館」赤字確定か…? でんぱ組、HY出演も、集客が見込めてない模様。


スポンサーリンク

はじめに

なんでこのイベントを取り上げたか?

みなさんこんにちは。
学生達によるイベント「AGESTOCK2014 in 両国国技館」に11月16日に開催されるらしいですが、
今回なぜこのイベントを取り上げ、集客が見込てめないなど書くのかというと、Twitterでの一通リプライがきっかけでした。

フォローありがとうございます、
突然ごめんなさい。11月16日にでんぱ組のライブのチケットがあるのですが、良かったらいかかですが?

僕はこの日、夕方にゆるめるモ!のしふぉん生誕祭があるので、「参加できないな…。」と結論を出し、
せっかくの申し出でしたが、断りの返信を入れました。

その時は何も思いませんでしたが、Twitterで直接リプライでのやり取りは殆どないので、
「なんでわざわざ直接送るのかな?」と思い、メッセの有ったアカウントを調べてみました。

そしたらそのアカウントは10月当初に設立され、このイベントに参加するHY、でんぱ組.incなどアイドルが好きというプロフで記載されており、ちょいちょいイベントに関連するネット記事をツイートしていました。

それだけではなく、でんぱ組、HY、NONSTYLEなどが好きという同時期に設立されたアカウントも発見しました。
そちらも「イベントに行けなくなったので、チケットを買い取っていただけませんか?」という似た内容で、
いろんな方へツイートをしていました。

推測ではありますが、おそらくこのイベントの学生スタッフの一員が、なんとかチケットを販売する為に作ったアカウントなのでしょう。思いのほか、チケットが売れず多量にチケットが余っているのかと思われます。

別に悪い事ではないよ!

長々と書いてしまいましたが、個人的にはこの行為自体は悪くない事ではないですし、趣味が合いそうな方にオススメしているので、問題ないかと思います。ですが、このやり方だとチケットが販売できても1人40~50枚いければ良い方ではないのでしょうか。

ネットで調べたところ、両国国技館のキャパが最大1万人。ライブなどステージを使用すると、5~6千人程度の収容人数となるらしいです。

おそらく、こんなアカウントが出来るくらいなので、3~4割近くチケットがはけていないのでしょうかね…。

そもそもどんなイベント!?どんな団体なの?

団体に関して

首都圏の学生団体の代表や幹部陣が中心となって2006年3月に発足した企画集団です(2010年3月に学生団体AGEから名称を変更致しました)。首都圏の大学から、多種多様なバックグラウンドを持つ大学生が集まっています。
伝説の野外ロックフェスティバル「The Woodstock Festival」のような、社会的ムーブメントを起こしたい。その願いから、私たちの活動を総括して、AGESTOCKと呼びます。
Ageという言葉には、「世代」と「才能」という二つの意味があります。私たちは、「同世代」である学生全てを巻き込み、各人の限りない「才能」が輝く場所を提供します。
「学生の熱意は、限りない可能性を持つことを証明する」ため、イベント、フリーペーパーというメディアを通じて、同世代、社会に熱意を伝えるべく、私たちは挑戦を続けます。

団体概要を読むと、なんだか壮大に熱意たっぷりの学生達の集まりにみえます。

イベントに関して

いま、この時代に学生であること。

いま、この時代に我々学生は何ができるのか。

何を伝えることができるのか。

その意味を、その可能性を信じて僕らは走り続けてきました。

今年のイベントテーマ、「夢に挑む」。

熱意や努力、夢という言葉を揶揄する学生。

大人の入り口に立つ学生にとって、夢は扱いづらい存在かもしれない。

それでも、大人ではない今だからこそ。

夢を持ち、夢に挑戦する素晴らしさを、もう一度思い出してほしい。

学生の可能性、学生の熱意それをもってして不可能なことなど何一つない。

僕らAgeが2014年11月16日、多くの感動を生み、多くの夢を叶えるべく、挑戦していきます。

イベントのテーマに惹かれない…。

学生の手で創り上げる日本最大の合同文化祭ということで、若いうちから素晴らしい取り組みを行っていると思いますし、存分に大学生活を謳歌してほしいと感じます。
ですが、“学生の日本最大の文化祭”+”夢に挑む”というテーマにお客さんは惹かれるのだろうか?
正直僕には、”日本最大の学園祭”や学生達が”夢に挑む”と言われても、何を一体行うかがイメージが湧かず、訪れる動機にはなり得ない…。(参加スタッフの募集には有効だと思います。)
学生達が夢に挑んだ上で、お客さんにどんな感動を与えてくれるのか?楽しませてくれるのか?
折角良いイベントなのに、そこの記載が見当たらないのが残念です。もったいない!!

スポンサーリンク

関連性がないのも残念

イベントの参加者としては、学生達の中にお笑い芸人による、体を張った企画や豪華アーティストとして、でんぱ組、HY、あとはお笑いのNONSTYLEが参加。それにゲストとして、RAB(リアルアキバボーイズ)、
下田美咲さん(飲み会コールなどの様々なコール、パーティーソングを中心としたパフォーマンスを得意とする。)などの多くの有名な方がいらっしゃるそうですが、「このイベントはお笑いがメインなのか?それとも音楽がメインなのか?」がちょっと分かり辛いですね…。
あと”夢に挑む”というテーマとこれらのお笑いと音楽企画と関連づけがなされていないのも、少々残念です。せっかくなら豪華アーティストとお笑いをコラボして、トークショーを盛り込むなど独自性のある企画をしても良いかと思います。

おせっかいだが、アドバイス

何時にゲストは出るの?

まず何よりも一番まずいのが、公式サイトにイベントのタイムスケジュールが”coming soon”と書かれ、当日のスケジュールの記載が無い事です。11/16(日)15時開催らしいのですが、それ以外サイトに時間に関しての内容が見当たらないです。お客さんも目当てのアーティストやゲストを観たいけれど、どの時間帯に出てくるのかが不明の為、参加を見送ってしまう場合もあることでしょう。そういった機会の損失をなくす為にも、大まかでも構わないので、公式サイトにタイムスケジュールを記載しておくべきです!

出演時間は?

ファンにとっては、自分が好きなアーティストの出演時間は非常に大事なポイントです。15分なのか、30分なのか、40分なのか、1時間の出演なのか。時間帯、出演時間、開催場所、仕事休みの調整、家族の予定、などなど様々な要因を天秤にかけて、参加を判断しますので、時間帯と同時に出演時間も重要な内容なので、早めに記載が必要です。

学生スタッフに向けて書きます”ドルヲタの思考”。

僕を例に挙げてみます。

僕は当日、お昼は表参道のデスラビッツ主催部長フェスに参加し、夕方には新宿MARZのゆるめるモ!のしふぉん生誕祭に参加する予定です。
本当はでんぱ組も興味が有ったのですが、次の週の埼玉大学文化祭のでんぱ組ライブに参加するので、今回は事前に予約をしていた”モ!”を優先する事にしました。
でももし今回、両国のでんぱ組LIVEが15時30分からで30分あるとしたら…。
「お昼のデスラビッツ主催部長フェスが終わった後に、両国行って昼飯を食べる。それから15時30分のでんぱ組のライブ参加。終わってすぐに抜け出せば新宿のしふぉん生誕祭に間に合うんじゃないか?」
「モ!はまだタイムスケジュール出てないけど、もしモ!のライブ時間が18時くらいなら全然でんぱ組も観覧できるぞ。モ!のスケジュールが出て、もし行けそうだったら両国のチケットを購入しよう。」

という思考になります。(あくまで参考例です。)
ですので、Twitterにでんぱ組、HY、NON STYLEが好きだって書いてある人に向けて「どうしても行けなくなってしまって、チケット要りませんか?」とただメッセを送ってもなかなか響きにくいでしょう。
ファンも様々なイベントに優先順位を付けて、予定を組んでいるのです。

DMに詳細を入れよう!

まずTwitterで勧誘をするというなら、上記の件を頭に入れた上で行いましょう。

・開催時間
・出演時間
・大まかな内容

せめて、上記を入れた上で、DMを送れば多少なりとも、返答率が上がるでしょう。

通常

フォローありがとうございます。
突然ごめんなさい。11月16日にでんぱ組のライブのチケットがあるのですが、良かったらいかかですが?

内容を入れる

フォローありがとうございます。
突然ごめんなさい。11月16日にでんぱ組のライブのチケットがあるのですが、予定が入って行けなくなってしまって…(涙)。
定価で良ければ、代わりに参加していただけませんか?(両国国技館の学生のイベントで、16時から40分程ライブをやるそうです〜。)

のような形で、多少成りとも内容を盛り込めば、DMを受け取った相手も詳細について検索する手間が省けるので、返信率も高くなるでしょう。

さいごに

イベントに対して色々と口を挟んでしまいましたが、両国国技館を借り切って大学生がイベントする機会など、そうそうあるものではありません。(というか社会人も無いw)せっかく開催するからには、イベントを大成功で収めて欲しい。ぜひ開催まで諦めずに頑張れ!学生達よファイト!

AGESTOCK2014 in 両国国技館 公式サイト
AGESTOCK2014 in 両国国技館 facebook

AGESTOCK2014 in 両国国技館

・実施日 2014年11月16日(日)
・実施会場 両国国技館 東京都墨田区横網1丁目3番28号
・チケット価格 アリーナ席:4000円 二階席:3500円
・テーマ 夢に挑む
・主催 AGESTOCK2014実行委員会

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。