マスクすれば大丈夫と甘く考えてない?風邪を引いたらLIVE会場に絶対参加しないで!


スポンサーリンク

寒い季節になると、外も室内も乾燥が始まり、風邪やインフルエンザなどにかかり、体調が悪くなることが多いです。

「ちょっとの風邪だから…、マスクすれば大丈夫だろう。」
「LIVEでカラダを動かせば、そのうち治るはず。」

など、風邪を甘くみている方もいるかもしれませんが、そういった認識は絶対にやめましょう。
現場にいるヲタ達は勿論、もしかしたら握手会やチェキ会に参加してしまったら、推しのアイドル達まで、感染させてしまう恐れがあります。
皆さんなんとなくはどうしたら風邪が感染するかは、分かっているつもりでも、詳しくは知らないはず。
ですので今回は、風邪がどのように感染するのかを、おさらいしていきます。

ヒトからヒトへどのように感染するのか?

物体表面から感染

物体表面とは、ドアノブやトイレのコック、電車の吊り革、水道の蛇口など、不特定多数の人がよく手を触る部分の事です。
物に付着したウイルスは2時間以上もの間その感染性を保ちます。ヒトが良く手を触る部分には自然と菌が集まるため、触れた後には、こまめに手洗いをして菌を洗い流す事が、風邪を防ぐ上で最も重要となります。

飛沫感染

かぜをひいている人が咳をしたとき、ウイルスが飛び散り、それを周囲の人が吸い込んで、鼻やのどに感染してしまうケースが、かぜの流行の原因です。
ですので、風邪をひいた人がLIVE会場に参加してしまうと、LIVE会場のあちこちに風邪の元となる菌をあらゆる所にばらまく可能性があるので、風邪の疑いがある人は参加を控えるべきでしょう。

まとめ

つまりは体内に菌やウイルスを取り込まない事が、最も大事です。
ヲタ友や推しのアイドル達に風邪をうつさない為にも、風邪を甘く考えずに、ちょっとでも体調がおかしいな?と思ったら、病院で先生に診断してもらうか、自宅で休んで様子をみるなど、本当に推しの為を想うならば、人が大勢集まる場所へ行くのは控えましょう!
もし、どうしても外出しないといけない際は最低限、他の方に風邪を移さないようにマスク着用を心がけましょう!それでは、また!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。