ヲタ芸「サンダースネイク」は2種類ある!? 用途に分けて使い分けよう。


スポンサーリンク

はじめ

さきに結論から申し上げてしまいますと、サイリウムを持った状態と何も持っていない状態でするサンダースネイクでは、動きが異なるので、2種類以上にあるように感じてしまうのです。では実際に参考動画を観ながら、相違点を洗い出していきます。

サンダースネイクの動画

何も持っていないサンダースネイク

サイリウムを所持したサンダースネイク

2つの動画の相違点

1.両腕を伸ばす〜手元に引き寄せるまでの流れの箇所
2.腕を振り回す旋回の箇所
3.ラストのコマネチの箇所

1.両腕を伸ばす〜手元に引き寄せるまでの流れ

何も持っていない

両手を一回ひっくり返す。

サイリウムを所持

くるくる回しながら、手元に引き寄せる。

2.腕を振り回す旋回の箇所

何も持っていない

両手をくっつけた状態で、旋回する。

サイリウムを所持

左腕は小さい円で、右腕は大きい円を作って、旋回する。

3.ラストのコマネチの箇所

何も持っていない

左右にコマネチする。

サイリウムを所持

左方向のみにコマネチする。

スポンサーリンク

なぜ違いが生まれたのか?

ここからは僕の見解を述べていきますが、おそらくサンダースネイクをいかに格好良く魅せる為に、違いが生まれたのだと考えられます。
サイリウムを所持した状態で「何も持っていない」状態のサンダースネイクの動きをすると、閃光の残像が大きく無く、格好よく見えない為、
コマネチを片側だけにしたり、小さな円と大きな円で違いを出したり、打ち師達が改良したのだと思われます。そして、Youtubeなどに多くのヲタ芸動画が投稿され、サイリウムを持った状態でのサンダースネイクが定着されました。

何も持っていない状態での、サンダースネイクは殆ど投稿されない為、サイリウムを持った状態での動画がスタンダードだと思っている人達は、上記に載せたでんぱ組.inc ねむきゅんこと夢眠ねむのサンダースネイク動画を観ると、
「サンダースネイクってこれなの?」
「他の打ち師と動きと違うけど…。」

などと混乱してしまうのでしょう。

なので、どちらの動きも正しく、ただサイリウムを持った状態と持っていない状態でサンダースネイクの動きが異なるということです。

まとめ

ヲタ芸「サンダースネイク」は2種類ある!? 用途に分けて使い分けよう。の記事はいかがでしたでしょうか?
シチュエーションに応じて両者を使い分けながら、ヲタ芸を打って、楽しくドル活に励みましょう!
それでは、また!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。