【ドルヲタが気付く】”ドラマ版デスノート”アイドル現場のおかしな点まとめてみた!


スポンサーリンク

ドラマ版デスノートでは夜神月(以下月)がアイドルヲタクとなる変貌振りが話題になっていますが、アイドル現場ではあり得ない不思議な箇所が節々に見られますので、それをいくつか紹介したいと思います。

アイドル現場ではあり得ない箇所

今どきのヲタクはうちわ持ってこない


生誕ライブなら有り得ますが、通常のライブでうちわは使いません、というか持ってません。男は手作りグッズとか細かい事が面倒なので基本作らずですし、アイドル運営側が販売する物販の商品を買って欲しいので、そちらの応援グッズ(タオルやオリジナルのオリジナルのキンブレ)を買うのが通常好まれます。ヲタクは面倒な事はしません。

出待ちしない


アイドルの子が別の場所(もしくは帰宅)に移動するのを出待ちしません。特典会(握手会やチェキ会)が終わればヲタク達はすぐにはけます。むしろ出待ちをしてしまったら、運営側に注意が入りますし、そういった行為は迷惑として出待ちしないのがルールです。なんであいつら(月も含めて)出待ちしてるんだよ…。厄介ヲタクばっかりな現場だな。

紙袋なんて無い


どんなメジャー物販でもアイドルの紙袋なんて有りません(普通は別料金のトートバッグなどを使います)。Tシャツやタオルもそのまま手渡しでビニール袋に入れるなども無いです。紙袋にグッズを入れるとかコミケと勘違いしてるんじゃないのか?

スポンサーリンク

地下アイドルのライブは手持ちマイクを使う


耳に付けるインカムマイクは使いません。無線のマイクを片手に持って歌います。インカムマイクを使うのはPerfumeくらいじゃないですかね。別にイチゴBERRYは踊りがメインのアイドルでは無いので普通に手でマイクを持って歌ってください。

アイドルのライブにガチな警備員は居ない


普通はスタッフTシャツを着たスタッフが担当してます。あんなガチな警備員が必要な程、アイドル現場は荒れませんので、番組スタッフはヲタクに変なイメージを植え付けないで欲しいですね。基本的には指示に従うモラルがある人が多いですよ。

彼氏待機は後ろに下がる


月君がライブ中に真ん中辺りで何も動かずに立ち尽くしている、あの姿勢を彼氏待機と呼びます。「あいつ頑張ってんな。」とライブを頑張る彼女(アイドル)を見守る彼氏ヅラをする事を彼氏待機と呼びますが、彼氏待機する人は一番後ろに下がるべきです。他のヲタクの邪魔をしてはいけません。それにミサミサの彼氏面をするのはまだ早い。もう少し話数が経ってからにして欲しいですね。推してないで早くキラとして活動しろ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ドラマ版デスノートは今までと違うどんなストーリーになるのかも気になりますが、ぜひデスノート版のアイドル現場にもぜひ注目してみましょう!
それでは、また!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。