【最悪の結末】ドロシー卒業ライブ。舞台上でメンバー同士が喧嘩。内紛が勃発した件まとめ。


スポンサーリンク


2015年7月12日(日)。Dorothy Little Happy(以下ドロシー)が東京・中野サンプラザホールにて「Dorothy Little Happy Live Tour 2015 5th Anniversary ~just move on~」と銘打った全国ツアーのファイナル公演を開催。この日をもって富永美杜、早坂香美の3人がグループを卒業となるが、ラストの曲をする前のトーク時に、卒業する理由に相違が有りメンバー同士で口論が勃発。ライブは無事終了されましたが、後味の悪い卒業ライブとなってしまった。なぜ最後に口論になってしまったのか?その経緯について調べてまとめてみました。

当日の様子

口論が勃発した経緯

佳奈「わたしは、本当は五人でドロシーを続けたかった…。」
瑠海「じゃあ!なんでバラバラになっていいって言ったんですか!」
佳奈「私そんなこと言ってない。五年間ドロシーをやってきて私が本気でそう言うと思うの?」
瑠海「思いません。でも嘘は吐いて欲しくない。」
佳奈「私は三人から直接卒業について聞いてない。」
瑠海「去年の9月の話し合いの時に何度も言ったじゃないですか。」
佳奈「初めて知ったのはリリイベの前にスタッフさんから聞いてだよ。」

収集が付かなくなり、仲裁に。

麻里「私はアイドルだから、こんな姿は見せちゃいけない。」

会場から拍手。

麻里「私たち五人は見てのとおりみんな気が強いです、度々ぶつかってきました。だからみんな夢を掴むとろう。」
佳奈「こんな姿見せてごめんなさい、最後に聴いてください」

最後の曲『未来へ』。

引用:Twitterでのファンの声から

壮絶な状況ですね…。今までのどんなアイドル(音楽の)現場でも卒業公演でメンバーが喧嘩するなどは今まで無かったのではないでしょうか。ある意味伝説に残るライブとも言えます。でもファンにとっては悲しい結末ですよね…。ハッピーエンドで終わって欲しかった。

脱線(ライブ中ファンに切れる沢田研二)

メンバー通しでの喧嘩は無さそうですがアーティストがファンに切れる件はあったようです。

コンサート会場はシーン***沢田研二が追っかけファンにマジギレ大説教***
「あんたらが、いつまでも最前列に陣取るなら、僕は歌い続けていく自信はないよ」
ジュリーこと沢田研二(51歳)がファンを前にこんな”暴言”をやらかしたのは10月17日。
「奈良100年会館」で開かれたコンサート中のことだった。会場内は、40代、50代の女性客が9割を占め、
特に最前列は、全国をついて回る熱烈追っかけオバサンたちが占領。ステージのジュリーを夢心地で見つめていた。
彼のコンサートは4~5曲歌い終わった後で、近況などについての長いMCをやるのが恒例。
が、この日のトークは、いつもの「お約束」とは違ったものだった。
「ステージをやっていると、追っかけファンが出てきて、いつも最前列で陣取っている。
いつもいつも同じ人たちの前で歌う身にもなってほしい。コンサートに来るなとは言わないが、
出来たら真ん中より後ろに行ってほしい。前のほうには地元のファンのみなさんに来てほしいんだ」
沢田の言葉はさらにエスカレートしていく。「ボクもこれまで我慢してきたが、限界がある。
チケットを取るために徹夜するほどの気力があるなら、少しは他のことに向けたらどうなんだ」
こんな”大説教”を沢田は延々としゃべりまくったのだった。
「よほど追っかけファンに嫌気がさしていたのか、彼女たちをババァ呼ばわりして、
話にオチもなければ、フォローもまったくなし。当然、客席はシ~ンとしちゃいました」(会場にいた男性客)
その後、ステージは何事もなかったかのように続けられたが、さすがに、追っかけファンたちは大ショック。
ある中年女性は、公演から帰り際「負けへんで・・・」とつぶやいていたという。
この爆弾発言に沢田の所属事務所は、「ステージへの思い入れが、ああいう発言になったのではと思うんですが、何と言ったらいいのか・・・」と困惑しきり。 いくつになっても人気者は辛い?
引用:2ちゃんまとめ(週刊現代の出典から)

Twitter上の意見や反応

当時の現場の様子

ファンの反応

悲しみや嘆きの声

運営への怒りの声

前向きな声

怒りや批判のコメントも有りますが、卒業するメンバーやドロシーのこれからを期待する前向きなコメントが多く見られました。

有名人のコメント

i☆Risの澁谷梓希さんのツイートが今回の件とは無関係でしたので削除させていただきます。ご指摘いただきました皆様、教えていただきありがとうございました。

卒業に関して公式サイトでのコメント

運営のコメント

平素よりDorothy Little Happyを応援いただき誠にありがとうございます。
この度、メンバーの秋元瑠海、富永美杜、早坂香美がDorothy Little Happy Live Tour 2015 5th Anniversary 〜just move on 〜7月12日の中野サンプラザ公演をもってDorothy Little Happyを卒業することになりました。
応援いただいているファンの皆様には大変残念なお知らせとなってしまい申し訳ございませんが、メンバーが考え抜いて出した結論としてご理解頂けますと幸いです。

以下にメンバーのコメントを掲載させていただきます。
現在発表になっているスケジュールに関しては現メンバーの5人で活動させていただきますが、今後Dorothy Little Happyは白戸佳奈、髙橋麻里で活動いたします。秋元瑠海、富永美杜、早坂香美はcallmeとして活動をしていきます。
これからも前に進んで行くDorothy Little Happyの応援を宜しくお願いします。

白戸佳奈からのコメント

今回の発表を受けて、とてもショックな気持ちとドロシーを応援してくれているみなさんには申し訳ない気持ちでいっぱいです。
ドロシーリトルハッピーを卒業する3人はこれから別の道を歩んでいくことを選びましたが、
5年間同じ目標に向かって頑張ってきた仲間として、これからも頑張ってほしいです。
ドロシーリトルハッピーは2人になってしまいますが、私たちは今までやってきたことをこれからも変わらず続けていきたいと思いますので応援よろしくお願いします。

髙橋麻里からのコメント

ドロシーは今年結成5周年を迎え、今までメンバー5人で頑張ってきましたがこの度、3人がドロシーの活動を終了することになりました。応援してくださっている皆さんには残念な気持ちがあると思いますが、私はドロシーのメンバーとしてこれからもずっと頑張りたいと思っています。応援よろしくお願いします。

秋元瑠海からのコメント

今年はDorothyLittleHappy結成5周年
そして私達は高校を卒業し社会人となりました。
1人の大人としてこれから自分はどうして行きたいのかと考える事が増えました。
その中で、自分の叶えたい夢に向かってやりたい事や目指したい道がDorothyLittleHappyと変わってきてしまいました。

この決断は簡単にした訳ではありません。
私達なりにたくさん悩んで、これからの自分の人生について真剣に考え自分で選んだものです。
DorothyLittleHappyで過ごしてきた5年間は本当にたくさんの方に支えられ、私達を大きくしてくれました。
5年間一緒に色んな事を乗り越えて来てくれた、かなちゃんとまりちゃんには感謝の気持ちでいっぱいです。

この5年間は本当にかけがえのない時間を過ごさせて頂きました。
5月から始まる最後のツアーは5人で今まで応援してくれたスタッフの皆さん、ファンの皆さんに5年間のありがとうの感謝の気持ちを伝えるツアーにしたいと思っています。
私達はDorothyLittleHappyとして活動する最後の一瞬まで精一杯DorothyLittleHappyとして頑張ります。

そして私達は7月12日でDorothyLittleHappyを卒業しますが、これからもDorothyLittleHappy
はたくさんの方に幸せを届けるグループとして続いて行きます。
私達の大切なDorothyLittleHappyをこれからも皆さんよろしくお願いします。

富永美杜からのコメント

高校を卒業し、私は社会人となり、真剣にこの道でやっていくことを選びました。
そして自分のやりたい事、夢を考えたときにドロシーとして目指す方向と少しずれがあることに気づきました。

自分と正直に向き合って夢をどうしても叶えたい、そしてその夢を目指せる場所で活動をしていきたいと思い、今回卒業を決意しました。
ドロシーリトルハッピーは結成から5年、たくさんの方に応援そして支えていただいたおかげで活動してくる事ができました。
今こうやって自分の道を選択できるまでになれたのも、ドロシーとして活動してきた上でたくさんの事を経験し、学んでこれたからです。
みなさんには本当に感謝しています。
ありがとうございます。

ドロシーリトルハッピーは自分の中で誇りとなるものでした。
たくさん悩み、遠回りしながらも
5人で前へと進んでこれた日々はとても大切な時間です。

5周年ツアーで私達はドロシーとしての活動は卒業となります。
それまで、今の5人の歌とパフォーマンスで、みなさんに今までの感謝を
精一杯伝えていきたいと思います。

私たちを引っ張ってきてくれた、先輩かなちゃんとまりちゃんには感謝の気持でいっぱいです。
これからもドロシーリトルハッピーの応援よろしくお願い致します。

早坂香美からのコメント

発表にありました通り、
私たちはツアーファイナル公演をもって、ドロシーリトルハッピーを卒業します。

今まで5人で目標に向かって頑張ってきました。
しかし、だんだんと向かっている場所が違ってきてしまったことに気づきました。

今回発表するにあたって、たくさん考えました。
みなさんの心に何かを与え続けられる存在になりたいと強く思い、今まで以上にチャレンジすることの出来る、可能性が広げられる道を自分自身で選びました。

ドロシーリトルハッピーに加入し、それまでの自分では考えられないような素敵な経験を数多くさせていただきました。
佳奈ちゃん、麻里ちゃんから
加入した時からずっと、
多くのことを学ばせてもらいました。
周りで支えてくださったみなさんにも感謝の気持ちでいっぱいです。

ツアーファイナル公演に向かって上を向いて、佳奈ちゃん、麻里ちゃん、るーちゃん、みもちゃん、香美で精一杯感謝を伝えて、ツアーを完走しますので応援よろしくお願いします。

ずっとずっと、ドロシーリトルハッピーの応援をよろしくお願いします。

公式サイトの報告をまとめると…

・運営側
メンバーが考え抜いて出した結論としてご理解頂けますと幸いです。

・ドロシーに残るメンバー
ドロシーのメンバーとしてこれからもずっと頑張っていきます。

・卒業して「callme」のメンバーとして活動するメンバー
自分の夢を考えた時に、目指す方向性にずれがあった。

というのが、各々の報告のコメントです。メンバー通しで考え抜いたとの記載が無いのが気になります。やはり卒業に関してメンバー同士が話し合う場が設けられていなかったのでしょうか。大人達(運営)の都合で卒業が決まってしまったのか?まだまだ疑念が残りそうです。

今後、気になる事

DVD化はどう編集される?


Blu-rayとDVDで9月23日にリリースされますが、編集は一体どうなるのでしょうか? (やっぱり騒動の箇所はカットされるかな?)

ドロシーとcallmeの対バン


仙台で開催されるTBC夏祭りで、ドロシーとcallmeが同じイベントに参戦します。現在のスケジュール通りなら7月26日(日)に同じWESTステージに共演します。その頃には一緒に笑っている姿が見れるのを期待したいですね。
TBC夏まつり公式サイト

さいごに

ドロシーの卒業公演の最後は残念な形となりました。運営側がしっかり説明できていない事が一番の問題でしょう。メンバーの子達はそれに巻き込まれた形となりましたが、これからも5人はみんな別々の道で夢を追いかけていきます。ぜひこの一件をきっかけにドロシーとcallme知った方は、ぜひそれぞれのメンバーの飛躍に注目していきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    i☆Risの澁谷梓希さんのツイートはこの件とは関係のない別イベントのキャラクターに対しての発言ですよ。

    記事にするならもうちょっと確認してください。

  2. 匿名 より:

    澁谷梓希さんのつぶやきって全然関係無いですよね?

  3. 匿名 より:

    有名人のコメントの項にある、澁谷梓希さんのツイートはこの記事の中で言われているドロシーというグループとは関係ない、アニメ「プリパラ」でご本人の演じてらっしゃるキャラクターについてのツイートと思われますのでご確認のほどよろしくお願いします。

  4. 匿名 より:

    どうでもいいが?
    「ライブは無事s終了されましたが」って誤字?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。