金髪ショートの元BiSのコショージメグミがいるブクガって誰?調べてみたー!


スポンサーリンク

コショージメグミ
先日TIF2日目ヲタクと帰宅中、電車の中で「絶対アイドルだろ!」という女の子が隣に座ってきました。公共の場ですので、顔を覗き込む訳にもいかず、僕はそのまま目的の駅に着いたので降りました。「あれ誰だっけな〜?」とネットを調べてみたらコショージメグミさんでした(コショヲタからしたら羨ましいんだろうな…。)元Bisの人と言うのは存じ上げてましたが、その他は何も知らず…。気になったので今回調べてみましたので、コショージメグミさんが所属するブクガについて調べていきたいと思います。

Maison book girlとコショージメグミさんについて

Maison book girl

2014年7月8日に行われたBiSの解散コンサートにて、いずこねこを手掛けていた音楽家・サクライケンタが、BiSのコショージメグミを中心に結成すると発表。当初はbook house girlの仮称で発表されたが[1]、正式発表時に、Maison book girl(メゾンブックガール)へ変更された。

コショージメグミをさんをメインでブクガは結成されたんですね。

楽曲は、現代音楽とアイドルポップスを融合させた音楽性で、サクライケンタがプロデュースしていたいずこねこの系譜を継ぐものとなっている。
音楽活動と同時に、ファッションブランドとしても展開を予定しており、音楽シーンのみならず、ファッション、アート、ストリートカルチャーに訴求していくことが示されている。

ブクガはサイトの雰囲気と曲調を聴く限り、ファッション、アート、ストリートカルチャーに訴求しているという記述通り、一つの文化や世界観を伝えていってグッズや洋服ブランドを販売していくスタイルなんでしょう。テーマは違うけれど、きゃりーぱみゅぱみゅのように独自のワールドを広めていきたいのですね。コンセプトは面白いし、人気は広がっていきそうだけれど、男性ターゲットなのか女性ターゲットなのかが疑問。ライブは男ばかりだし、女性ファンをどう掴んでいくかが今後の課題か。

ライブ

スポンサーリンク

『彼女のような最後の曲』これ不思議な曲ですよね。先日日比谷での野外ライブで初めて聴きましたが、アイドルライブらしからぬ曲です。ずーっと手をパチパチして拍手。ライブでは好きになりませんでしたが、この記事書くのにずっと動画みてるとハマりかけるスルメ曲ですね。聴けば聴くほど味が出てくる。ハマりそう。
『my cut』はジャンプしまくりの盛り上がり曲だけど、どこか本気で乗り切れなさを感じさせる曲。例えると村上春樹感って言うのかな。曲で言うとDo As Infinityの『深い森』なイメージ。ブクガの曲はどこか心どこかあらずな印象がありますね。それが良さ。

コショージメグミさんの写真

めっちゃコショージメグミさんが可愛い動画見つけたー!


大森靖子「私は面白い絶対面白いたぶん」のPVに出演。いろんな動画をサーチしましたが、これが一番可愛いです。今までもがちゃんの方が可愛いじゃん!と思い込んでましたが、ニヤ〜っとした笑顔がタマラナイです。TVガイドっぽくレモン持ってるのかと思いきや食べかけのトウモロコシというのがエモい。

さいごに

まだ結成して1年も経っていないMaison book girl。元ディアステの和田輪さんもいるし、メンバーとグループの今後の活動に期待!それでは、また!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。