ぺろりん先生ラジオ出演でまた一波乱か?PaniCrew YOHEY擁護もツイートへの回答はフォボで逃亡w


スポンサーリンク

逃げる

ベースボールガールズのぺろりん先生が、FM AICHIにてのラジオ番組『Good Choice Radi』にゲストで出演しました。

なんとその際にあの騒動にも触れたとの事。あの騒動とはイラストパクリ騒動のことでしょう。ラジオ出演直後に上記のツイートがされてので、間違いないはずです。

騒動に関しての詳細はこちら↓

PaniCrew YOHEYさんの回答

騒動になってる相手についてならば、もともとぺろりん先生がファンであると公言していて、二人の間に交流があった→一時期からぺろりん先生が一方的にそれを絶っている。という経緯があるので「たまたま一緒とか似てる」ではないと思うのですが、いかがですか?

スポンサーリンク

私の意見としては、彼女の今のイラストすべてを「パクリだ」と非難するつもりは毛頭ありませんが、着想のきっかけとしてヨグまつさんのイラストの存在があった(と思われる)のにも関わらず、ブログ記事の削除などでその事実を恣意的に隠蔽している点。

またヨグまつさん本人からの問い合わせのメールを事務所が一方的に無視している点などが問題であると思います。今回のようにラジオで騒動を取り扱う前に、まずは本人への直接的な対応をするべきだと思います。

「味方をするつもり」がなくても、YOHEIさんのような発言力のある方がぺろりん先生を応援するようなツイートをすれば、騒動をよく知らない人にまでぺろりん先生擁護の風潮が強まってしまうし、相手側の意見も含めて騒動の経緯を知っていただきたく、リプライを送らせていただきました。最後になってしまいましたが、不躾なリプライに丁寧にお返事いただきありがとうございました。

パクリ騒動に関して、PaniCrew YOHEYさんにした一般人のやり取りがここで終了しております。

このやり取りを見ていると、特に「味方をするつもり」がなくても、YOHEIさんのような発言力のある方がぺろりん先生を応援するようなツイートをすれば、騒動をよく知らない人にまでぺろりん先生擁護の風潮が強まってしまう」というところに関心を抱きました。

ツイッターは本来の意味合いとしては単なるつぶやき。それにとにもかくにも言うべきではないのですが、ツイッターの公式認証もされている影響力のある人の場合は話は別です。もし、誰かになりすましをされて偽物が発言したら、他の人に迷惑がかかるから、公式アカウントになっている訳です。少なからず発言に世論を巻き込んでしまう影響力があるというのに、なぜファボ逃亡なんてするのだろうか。

「俺もよく振り付けとか、○○の曲と一緒とか言われたりするけど、たまたま一緒とか似てるとかいっぱいある。」
「自分から出てたらOK」
「私はぺろりん先生の味方をするつもりもないですが」

しかも騒動の経緯をきちんと把握してなさそうな発言や、「画風気にするな」と明らかにぺろりん先生の擁護をしているのに、味方するつもりもないと公言したり、最後は結局質問に答えないし、自分から騒動に首突っ込んでいて無責任ですね。

発言に影響力のある有名人である以上、デリケートな話題に触れるなら、最後まで質問に答えるくらいの責任は果たして欲しいです。そんな覚悟も無いのにツイッター上で中途半端に首突っ込んで自分の考えを主張してしまうのは、ぺろりん先生にもヨグまつ氏にも失礼ではないでしょうか?(案の定YOHEIさんのツイートにはぺろりん先生は何も反応してませんね笑)

もしあなたがある程度の発言力があるならば、facebbokやツイッター上で発言する際は、経緯や相手の気持ちも何も知らないのにその騒動に関して発言するのはやめましょう。もし発言するなら最後付き合う覚悟を持って発言しましょうね!(それにしてもこのぺろりんイラストパクリ騒動いつになったら終結を迎えるのだろうか…?)

それでは、また!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。