意外と知られていない。ヲタ芸のイエローパンチョスの由来とは?


スポンサーリンク

みなさんこんにちは!ゴウです。

でんぱ組を中心とした、ディアステ界隈のアイドルを推している僕にとっては、『イエローパンチョス』というヲタ芸は非常に馴染み深いヲタ芸です。

知らない方のためにご説明すると…、

サビにあわせてサンダースネーク→両手をそろえて下半身からおなかに向かって引き上げ→おなかの前で手首を返し→ガッツポーズでロマンスを行う。

主に曲終わりのサビで発動する、ロマンスの代わりにするヲタ芸でよくLIVEで打っていますが、そもそもこの『イエローパンチョス』がどういう意味なのか知りませんでした。
しかし先日ヲタク達と飲んでいた時に、その意味を初めて教えてもらい内容が非常に面白かったので、紹介したいと思います。

イエローパンチョスの由来と意味は?

他のネット記事の紹介

由来1

事の発端は、渋谷O-EASTで行われた「渋谷ぶっとび!!ガールズ祭り」の中で、吉河順央がスカートの下にはいていた黄色の見せパン。
後日、記録映像を見ると、MCのためノリノリで出てきた吉河のスカートの上から、イエローパンツがはみでており、さらにそこに少しおなかの肉がのっていた。
スタッフからその様子をみぶり手振りで説明された様子がそのままオタ芸に発展した。

由来2

「イエローパンチョス」と言うのは、ヲタ芸「ロマンス」の変形バージョンで、動きはロマンスと同じなんですが、手の形がロマンスは人差し指を伸ばしてピストルの形にするんですが、イエローパンチョスはグーにして拳を握り締めて行なわれるヲタ芸の事です。名の由来は、以前のライブで、すなおcがライブで歌っている時に、すなおcのスカートが短すぎて、下着が丸見えになって、それを見たヲタの人が思わずガッツポーズ!をした瞬間とロマンスに入るタイミングが重なって、ガッツポーズをしたままロマンスをした事が発端となった・・・らしいwもちろん、その時の下着の色が黄色だった事は言うまでもありません・・・ゆえに
「イエロー・パンチョス」(正確にはイエロー・パンツ)

スポンサーリンク

僕が他のヲタクから聞いた『イエローパンチョス』の由来

僕が聞いたのは上記の由来2の『黄色いパンツが見えて思わずガッツポーズ』という話でした。その話が正しいのかはなんとも言えないですが、その方は強いヲタクで信憑性もあるので由来2が有力な説といってもいいでしょう。あと厳密にいう僕が聞いた話は、ネット記事の由来2と内容が若干異なるので、付け加えますと、

吉河順央さんがディアステージ時代のLIVE中のこと。アイドルというのは、スカートが短くパンツが見えることが時々ありますが、実際にパンツが見えている訳ではなく、『見せパン』という中が見えても大丈夫なパンツを履いています。しかしある日のLIVEで順央さんはその『見せパン』を履いておらず、パンツが見えてしまう状態でそのまま公演。その見せパンでは無い、順央さんのその時履いていた黄色いパンツを拝むことが出来たヲタクが歓喜のガッツポーズをしたのが『イエローパンチョス』始まり…。

と、僕は先日教えてもらいました。

なので、ネット記事の由来2に『見せパン』のエピソードが加わった話ですね。なんで見せパンじゃないパンツって分かったの?という疑問は残ったままですが、その辺の細かいところは、事の顛末を知る、強いヲタクにぜひ聞いてみてください。もし僕もまた聞く機会があれば、このブログで補填していきます。ヲタクって本当ネーミングセンスが秀逸ですね…。
『黄色いパンツ→イエローパンツ→イエローパンチョス』

吉河順央さんのLIVEで、黄色いパンツを頭に被ってイエローパンチョスするのも面白いかなと思いましたが、古いネタなのでつまんねぇなー!っと思ったゴウでした。(ヲタクの皆様はぜひとも、新しい面白いことに挑戦してくださいませ。)
以上です!それでは、また!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。