心遣いに感動。神宿スタッフによる神対応が素敵すぎる。


スポンサーリンク

神宿スタッフによる神対応
1月30日(土)神宿物販でスタッフによる神対応がありました。

▽参考ツイート▽

その称賛される対応とは、電車に間に合わないひなぷぅ推しの女の子の為にスタッフが譲る心遣いのことです。

しかもただ一番前に譲るだけではなく、先に並んでいるヲタク一人一人に「この子が地方から来ていて、並んでいると電車に間に合わないんです。先に入れて貰ってもいいですか?」と声をかけるという対応。

その時、自分もひなぷぅの列に並んでいてスタッフに前に譲ってもいいか声をかけられました。20人ほどの並んでいるヲタク全員にわざわざ声をかけなくても…、と思いました。「この子だけ電車が間に合わないので先に譲ります。申し訳ありません。」と呼びかければ十分じゃないかと。

しかし今思うと、並んでいる全員が了承し、良い気持ちで特典会を楽しんでもらうには、必要な対応だったと思います。スタッフの咄嗟の判断により、その子は特典会の一番前に行くことができ、神宿の特典会を楽しんでから帰宅できました。スタッフの配慮と、前に譲る事を了承した舁夫(かきふ)の心遣いは、眺めていてとても気持ち良く素晴らしいなと感じました。

スポンサーリンク

神宿のスタッフは大学生位の年齢。20代前半。まだ若く、先輩ヲタクから売れ残った商品などの販売をどうするかなどのアドバイスに真剣に耳を傾け、対応も柔軟。運営としてまだ慣れていない荒削りな箇所もみられるが、神宿メンバーと運営スタッフも含めて、これから成長し、アイドルとしてどこのステージまで登っていくのか。神宿のこれからの活動にぜひ期待していきたいです。ライブは勿論、そして個人的には特に特典会がオススメ。(接触が約30秒と長い!笑)

*注:今回の対応は特別対応でした。先に譲る常に対応を行っている訳ではありません。

神宿とは

原宿から生まれた『原宿発!』をコンセプトに都内を中心に活動する、15~18歳の5人組のアイドルです!

原宿発の五人組アイドルユニット。

神宿(KMYD)の頭文字

K=KAWAII(可愛い!)

M=MAX(全力!)

Y=YELL(応援!)

D=DREAM(夢!)

を届けるため原宿を拠点に活動している。
引用:神宿公式サイト

2014年9月28日に結成から約1年と少しのまだまだ若いグループ。しかし2015年2月に『六本木Morph』にてワンマンライブを行い、250人を動員。2016年1月6日には『Shibuya O-EAST』でワンマンライブを開催(スタンディングで約700人収容可能)。4月には初の神宿・東名阪ツアーを予定。さらに勢いを増している。

公式サイト

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。