『オ・レ・の・◯◯ちゃん!』コールの可変パターンをまとめてみた!


スポンサーリンク

アイドルのライブでよく使われるコールの一つに『オ・レ・の・◯◯ちゃん!』というコールがあります。コールの大定番でMIXと同様に、ヲタクが声を振り絞って叫びますが、正直飽きてきてませんか?

ライブの度に同じコールを叫ぶというのは、ライブをマンネリ化につながり、段々モチベーションが下がります。例えば、どんなに牛丼が美味しくても毎日食べてたら飽きませんか?同じ牛丼でも時には、チーズやキムチ、納豆、とろろをかけたりトッピングして味を変化させた方が楽しいですよね。

コールも同様で、少し内容を変化するだけで、いつものコールがさらに楽しめます。

今回、僕が知っている、もしくは他のヲタクから学んだ『オ・レ・の・!』を紹介したいと思います。ぜひ『オ・レ・の・!』コールをさらに楽しむ参考にしていただけたら幸いです。

オ・レ・の・◯◯ちゃん!可変パターン

いやいや(×4)

『いやいや』(×4)オ・レ・の・◯◯ちゃん!
ソロパートで使用。『オ・レ・の・◯◯ちゃん!』の後に、「お前のじゃなくて、(◯◯ちゃん)は、俺のだから」と他のヲタクと推しに伝える意味が込められたコール。最近では浸透され、頻繁にライブで使われています。

オ・レ・の・からの〜

『オ・レ・の! からの〜』(×2)
『オ・レ・の・◯◯ちゃん!』と叫ぶ前の小節を使います。聴かせる曲ではなく、ワチャワチャしたはしゃぎ系ソングで使用するのがオススメです。(ワチャワチャしたはしゃぎ系ソングがなにかって話ですが、個人的にはでんぱ組の『でんでんぱっしょん』がイメージに近いです。とは言え『でんでんぱっしょん』で『オ・レ・の!』は使いませんが。)

スポンサーリンク

オレのじゃないけど

『オレのじゃないけど、◯◯ちゃん!』
『オ・レ・の・◯◯ちゃん!』の反対の意味。その言葉とおり『推しは俺の』という反対の意味で、当たり前のことをただ叫ぶというコール。

オレだけ見てろよ

『オレだけ見てろよ! ◯◯ちゃん!』
お笑い芸人トレンディエンジェルたかしがダウンタウンの番組のVTRで披露。『オレだけ見てろよ!』は中々聞かないので、コールとして叫ぶのも面白そうです。

オ・レ・の・◯◯ちゃん!組み合わせパターン

先ほどの内容を組み合わせて、コールを叫ぶと様々なパターンに広がります。

『オ・レ・の・からの〜』(×2)『オレのじゃないけど、◯◯ちゃん!』
『いやいや(×4)』『オレだけ見てろよ! ◯◯ちゃん!』
『オ・レ・の! からの〜』(×2)『オ・レ・の!からの〜』
『いやいや(×4)』『オレだけ見てろよ! ◯◯ちゃん!』

さいごに

『オ・レ・の・◯◯ちゃん!』と叫ぶのに飽きてきている方も多く「別のパターンで叫んでみたい」と新たなコールを求めている方もいらっしゃると思います。僕自身も、同じコールやMIX、ヲタ芸に飽きてきてます。なので、対バンで他のヲタクが面白そうなコールを叫んでいると、曲よりもヲタクの声に興味深々になります。

ぜひ、上記のオ・レ・のコールや、他現場で面白そうなコールが有れば取り入れてみて、ライブに新たな楽しみ方を探していきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。