地下アイドルの生誕メンバーとして3回経験した俺が語る。喧嘩、内紛を未然に防ぐ必須項目まとめ。


スポンサーリンク

この半年で2回の地下アイドルの生誕祭を経験しました。去年は1回でしたので、合計3回、生誕メンバーとして準備や企画、雑務も含め担当させていただきました。

分かった事、学んだ事ととしては、人が集まれば、色々起きるという事。つまりは内紛。必ず一度は揉めます。

  • 『生誕でグッズを作るなら、●●の方が良いでしょ?』(すげー険しいもの)
  • 『生誕カンパのもう少し費用下げてもらってもいいですか…?』

などなど、様々な有難いご意見や誤解から生まれる罵倒を頂きます。

とはいえ、この様な事態は、事前の準備で大多数は防ぐ事が出来ますので、ご安心を。

初めて生誕祭を開く方。コレから生誕祭を控えている方。過去に揉めてしまい平和に生誕祭開きたい方。ピースフルな生誕を開きたい方の為に、僕が『これはやっておいた方がいい』という項目を、まとめました。今後の生誕祭運営の参考にしていただけたら幸いです。

地下アイドルの生誕祭『これはやっておいた方がいい』という項目

アンコール発動は事前に決めておく

生誕祭の形式にも寄りますが、生誕のライブ終わった後に『アンコール!』など叫ぶのが通例です。事前に誰が叫ぶか決めておかないと絶対にグダリます。僕が担当した時は発動担当の若い子がビシッと素晴らしいアンコールを発動してくれました。しかし別の生誕祭で見かけた事があるのですが、事前に決めておかなかったらしく、アンコールが途中で尻すぼみになるグタグタも目撃しました。是非事前に誰がアンコールを発動するか決めておきましょう。

会計は2人以上で計算する

お金は一番デリケートな箇所ですので、1人だけに任せず、絶対に2人以上で計算しましょう。コレは先人の方から身を持って教わりました。

初めての生誕メンバーで、僕が会計をした際に、計算ミスを連発。生誕カンパ、生誕グッズの費用、先に払った負担金、グッズのデザイン料を全体のカンパに含めるか?など、予想以上に項目が複雑化し僕は大混乱しました。『やばい、迷惑かける…。』と不安になった際に、先輩のヲタクから、細かい計算をまとめてもらい助けてもらいました。
お礼を言うと『会計はミスが多いから2人以上でやった方がいいよ。』とアドバイスを頂き、教訓としてその次の生誕でも取り入れさせて頂きました。

案の定、次の生誕では会計担当のヲタクがドタキャンし、僕が会計を担当するという事態に。会計は計算ミスや会計担当が消えるなど、何かしら起きるので、会計は2人以上で行いましょう。

イラストを名乗り出る人の当たりは1/3

生誕グッズやメッセージカードを作って、推しのアイドルのイラストを作る事が多いと思います。その際、イラストは誰が描くと思いますか?

  • 生誕メンバーのイラストを描ける人が描く。
  • 知り合いやツテでイラスト描ける人にお願いする

大体この2択。
知り合いやツテは、イラストイメージが保証されてる分、やり易い印象があります。(有料の可能性は大ですが)

スポンサーリンク

生誕メンバー内にイラストを描ける人が居て(女の子が多い)、お願いするのですが、今まで経験したイメージですと、みんなが心から『いいっすね!』『●●(推し)も喜んでくれるよ!』『めっちゃいい!このキーホルダー欲しい!』という様な賞賛される様なイラストが上がるのは、1/3の確率。割と『これ微妙かなぁ…(言えないけど)』というイラストが上がってきます(マジで)。

しかも問題なのは、イラスト描いた子に『微妙だから、もっとテイストこうして!』『描き直して貰っていい?』と言えない、気を使ってしまう雰囲気が生誕メンバーを苦しめるのです。結局その子のイラストを採用せざるを得ず、みんなが納得しないイラストでグッズが完成するケースはしばしばあります。『私がイラストやります!』と名乗り出る子は特に注意した方がいいです。

ちなみに僕の場合はこう対策。名乗り出てきた子のイラストが『微妙なケース』を加味して、まずグッズ制作のサブ担当に潜り込む。裏で自分もイラストを描く(イラスト描けないけど頑張って描きました)。その子のイラストが微妙だったので、『もうちょっとこうしたら?』と修正指示。そもそもの画力が足りてなかったので、仕方なくその子以上のクオリティのイラストをアップして『こんな感じもどうかなあ?』と提案し『そっちの方がいいですね!』と僕のイラストを採用してもらう。

本当はその子がイラストを完成させるのが最善なのですが、その生誕では仕方なかったかなと思ってます。このやり方は他のヲタクからも批判を浴びる可能性がありますし、何よりイラスト描いた子が傷付いてしまう手段なので、参考にする際はくれぐれも周りの仲間の様子を探りながら、お試しを。イラストのクオリティは保てましたが、あまりオススメ出来ないですね。

生誕グッズの費用は会計担当とは別にする

生誕グッズは希望者のみ募るので、通常の生誕の会計とは別にするのがベターです。なぜなら同じ人が担当すると、ごちゃになるリスクが高まるからです…。是非とも生誕グッズを作る場合は、生誕グッズ担当の会計を別に用意しましょう。(万全を期すなら、プラスもう一人計算する人を用意。)

さいごに

いかがでしょうか?だいたいお金関係で揉めることが多いので、特に金銭面で気をつけると考えておけば、トラブルも事前に防げるはずです。とは言え、僕が担当した規模は会場200~300人前後の会場です。もしあなたがメジャーアイドルを担当する場合は、もっと大勢が関わるため、先ほどの内容などごく一部にしか過ぎません。例えばAKBグループ、乃木坂46、私立恵比寿中学、でんぱ組.incなどなど、この規模のメジャーアイドルは、正直僕には想像つきません。ここまでくると、あなた一人だけでは出来ない周りの仲間の協力が絶対に必要なので、抱えることの無いように…。

幸い僕の関わった生誕祭は、大きな内紛や生誕メンバーの人数や経験あるヲタクのタレントも豊富で今の所、良い流れの生誕をさせていただいております。それも先輩達が事前の準備や上手く担当分け、引き継ぎをしているからだと今振り返ると思います。(本当感謝です…!)

もし生誕祭メンバーとして活動して不安を感じる方の、少しの参考となれば幸いです。(結構当たり前なことを書いてますので、生誕経験者には物足りない内容かもしれませんが)。ぜひ推しの生誕祭のために尽くして上げてくださいませ。
それでは、またー!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。