『ガチ恋』にも種類がある?地下アイドル現場に生息するガチ恋ヲタクを分類してみた。


スポンサーリンク

皆さんは『ガチ恋』という言葉をご存知でしょうか?
ガチ恋とはその言葉の通り、「アイドルにガチ(本気)で恋をしてしまっているヲタク」の事を表す言葉です。推しをアイドルとしてではなく、ひとりの異性として好きになったヲタク。

イベントにかけるお金よりもプレゼントにかけるクオリティを重視する。
(あるいはその両方)

プレゼントなどで、イベント外でも推しを支えようとする。
何故なら対象は人を超え、その人の人生。

推しに対して自分が愛しているという気持ちを積極的に伝える。
DD、ガチ推し、ガチ恋の定義

自分はガチ恋のヲタクは好きではないです。むしろ嫌いです。勿論、ガチ恋のヲタク友達は何人かいますし、仲良く会話する事もしばしばありますが、一定の距離感を保つようにしています。なぜなら、ガチ恋のヲタクは険しい。そもそもガチでアイドルに恋してしまっている状態な為、周りが見えていない事が多いからです。

例えば、『推しのツイートへ全リプは必ずする(愛してる的な発言)』『長文(原稿用紙5枚以上)の手紙を、しばしば渡す』『生誕祭ではなるべく目立ちたい』『ときどき勝手に病んで不機嫌になる。』『彼女がいかに好きかのポエム』などです。

文章に起こしてみると、「これだけなら別にいいんじゃない?」とも思えるのですが、なんか見てて痛いんですよね…。なぜだろう。『自分の今の人生は推しの為にある』みたいな雰囲気が感じられてしまって、そこまで好きなの!?と引いてしまうからなのでしょう。

ガチ恋の種類

ガチ恋にも様々、種類があります。個人的な独断と偏見でまとめましたので、紹介したいと思います。

ガチ恋(軽度)

軽いガチ恋。好きで特典会でも緊張して上手く話す事ができない可愛いヲタク。中学生や高校生など10代のヲタクにその傾向が多く、お金が無い為たまにしか来ない。緊張して推しと話す光景は見てて、とても微笑ましいです。

ガチのガチ恋

本気でアイドルに恋してしまっている状態。冒頭に述べたヲタクの事です。周りが見えてないとは言いましたが「アイドルと繋がる、告白する事は許されない」という常識は備えているため、尚更苦しい。だから自分ができる範囲で一生懸命推しへ手紙やプレゼントなど、尽くせる限り尽くす事に専念する。そう思うとなんか切なく思えますが、端からみるとヲタクの中でもやっぱり異質。

推しに対するdisやガチ恋である事を、茶化すのはNG。本気で怒るので、安易にいじるのは止めましょう。

スポンサーリンク

ガチ恋(ネタ)

「本当可愛い。ガチ恋だわー。」「結婚しような!」など推しに対して、すぐに好きというヲタク。しかしガチ恋振っているだけで、好き好き発言も薄っぺらいのが特徴。アイドル側も「はいはい、わかったわかった」と呆れている。ガチ恋だとネタにしているが、中には「好き好き」言っているうちに、本当に好きになってしまうヲタクもいる為、『ガチ恋(ネタ)』→『ガチのガチ恋』への移行もあり得るので、ネタだと思っていても本気で好きにならないよう注意が必要です。

ガチ恋(女ヲタ版)

推しの事が好きな女の子のヲタクの事です。プレゼントや手紙を送る事も多く、憧れな存在で有ったり、ひとりの女の子として好きな状態。可愛い女の子も多く見てて微笑ましい。しかし、一つ羨ましい事としては、女の子である為、推しとの接触が過剰である事。抱きついきたり、胸を触ってきたり、中にはキスしてしまうアイドル(ex.篠崎こころ)もいる。「そこまでイチャイチャしなくても…」と羨んでしまう。

ガチ恋(お父さん版)

一人の子を応援する、年齢の高いおじさんヲタク。ツイッターでも推しへの愛を語ったり、応援して良かったと発言する事もしばしば多い。しかし『ガチのガチ恋』との違いとしては、そういった発言をしていても微笑ましく見える事。基本的に年齢も高いため、視野も広く周囲の人への配慮ができるため、現場でも愛されている。ヲタクにしても、運営にしても現場にいて欲しいヲタクの一人です。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
多少自分の偏見な考えもありましたが、地下アイドルの現場には、こんなガチ恋ヲタクが生息しています。ぜひまだ見た事がない方は、地下アイドルの現場にぜひ足を運んでみましょう。それでは、また。

ガチ恋に関する参考サイト

ガチ恋~アイドル現場に蔓延する病~
『たのしいドルヲタ図鑑』【3人目:アイドルへの“ガチ恋”について本気で向き合う ふちりんさん】
アイドルにガチ恋ヤバすぎワロタwwwwwwww
ガチ恋bot

ガチ恋に関する参考本

【Amazon.co.jp限定】 アイドルとヲタク大研究読本 チェキ&特典券入れ用ミニクリアファイル付き

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。