女版ヒャダインが手がけるアイドル『わーすた』。TVで取り上げられ人気急上昇中!


スポンサーリンク

日本テレビ系番組『関ジャム』にて、わーすた『うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ』の楽曲が取り上げられ、話題となっています。

番組内で紹介したのは、過去にでんぱ組下積みを支えて事でも有名な音楽プロデューサーもふくちゃんこと福嶋麻衣子さん。

次に来るアイドルグループとして『わーすた』を紹介。

『わーすた』とは?

わーすたは、2015年に結成された日本の女性アイドルグループ、ダンス&ボーカルグループ。所属事務所はエイベックス・ヴァンガード。所属レーベルはiDOL Street。
SUPER☆GiRLS、Cheeky Parade、GEMに続くレーベル第4弾アーティスト。

「わーすた」は「The World Standard (世界標準)」の略称。世界に照準を合わせて活動しているデジタルネイティブ世代アイ­ドルで、SNSとリアルアイドル活動を通じて世界にKAWAIIジャパンアイドルカルチャーを­発信している。グループ名はひらがな表記だが、時機を見て「The World Standard」表記への変更も想定しているという。 ロゴでは「わ→すた」(長音符が矢印に変わる)と表記されることもある。なお、メンバーの選定やグループ名の考案は鈴木まなかが行った。
「第4回アイドル楽曲大賞2015」インディーズ/地方アイドル楽曲部門で「いぬねこ。青春真っ盛り」が1位に入賞。
引用:Wikipedia

『うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ』動画

わーすた メンバーによるツイート

スポンサーリンク

わーすたのぶっとんだ歌詞

『マジでトリケラトップス強い』
『チョコぴーむ効かない』
『ちょべりばちょべりばんばんちょべりば チョーちょべりば』

など、カオスな歌詞が盛り込まれている。しかし、ぶっとんだ中にも、可愛さとファンタジー、RPG性を融合させた見事に調和させた歌詞と曲には中毒性があり、一度聞いたら忘れられない。

なにが流行るかなんて、分からないし読めない


もふくちゃんのような経験豊富なプロデューサーでも、ヲタク受けなど読むことが出来ないというのが伝わるツイート。しかし、何が流行るか読めない時代でもあろうと、わーすたの曲は流行るだろうと期待をさせてくれる。

女版ヒャダイン 音楽プロデューサー「鈴木まなか」

美人。

若干17歳で作家デビューし、AKB48グループの楽曲作家最年少でもあり“わーすた”の楽曲全般を作っている。突然来るサビ、急展開する曲構成はヒャダインよりもさらに難解だと紹介された。
引用:qetic

さいごに

アイドルヲタクなら、一度は絶対聞いた方がいい!と断言できるほど、自信を持っておすすめできるアイドルグループ。

インディーズのアイドル楽曲大賞も獲得した『いぬねこ。青春真っ盛り』も大人気なアンセム曲となっており、わーすたの曲にはハズレがない。

ぜひこの機会に聴いてみてはいかがでしょうか!?それでは、また!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。