ももち、芸能界引退宣言について


スポンサーリンク

ももちが来年6月30日にCuteから卒業、アンド芸能界引退宣言が話題になっている。ツイッターを検索してみると、ヲタクたちは予想だにしない発表に衝撃と悲しみに明け暮れている。

アイドル界の1人のレジェンド。確かにあれだけお茶の間に顔を出し、一般人に知られているアイドルは、AKB、ももクロを除くと殆どいないので、そう呼んでもおかしくないだろう。とは言え、僕は一般人とは違うアイドルヲタクではあるが、ももちのことは一般人レベルの内容しか知らない。「よろしくニャン。」とか言ってるぶりっ子キャラなのかな程度。アイドルヲタクと言ってもジャンルが多種多様に分かれ、僕は都内の地下アイドル全般。ハロプロは去年の愛踊祭のアンバサダーとして、トリで登場したアンジュレムを一度観た程度で、それしか覚えがない。なので、「ももち卒業まじか…涙」などという呟きをみても、目の前に飛ぶスズメを眺めるが如く、何の感情も抱かない訳だが、ももち卒業と芸能界引退を悲しむ圧倒的物量のツイートを目撃してしまうと、なんだか感慨深くなってくる。僕がアイドルヲタクになって約2年と少し、ここまでの間こんなにも卒業を惜しまれるアイドルはいただろうか?グループ単位での卒業は多々あった気がするが、個人での卒業でここまで反響があったアイドルはおそらくいないだろう(AKBグループは除く)。今回の発表で、ももちがこんなにも多くのファンに支えられ、愛されていることを僕はやっと知ることができた。ももちに限らず、バラエティでいじられたりバカにされている人達でも、TVに出演するまで、多くの時間と苦労と、多くのファンの力だと思うと、何だか親の気持ちになってしまった。一人で勝手にエモい気持ちになるし、勝手に息子や娘に見えてきた。

スポンサーリンク

ももちの事は何も知らないし、彼女のライブを観ることは卒業するまでの間もないと思う。しかし、ハロプロとして頑張ってきた彼女のアイドル活動としての功績は素晴らしいと思う。ツイッターに流れるファンの声を見て、そう思う。愛されてるんだなと。こんなにも愛されるようなアイドルを推していきたいし、僕も応援していきたいと思う。ももちお疲れさま。優しい気持ちにさせてくれてありがとう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。