ピンチケを排除する運営が理解できない。


スポンサーリンク

現場での沸き方が分からなくなってきた。普段は物静かに彼氏面しながら、観覧しているのだが、曲やその場のノリによっては、最大限に沸くようにしている。連続ジャンプをし続けるマサイや、過度なコールにヲタ芸、横移動など、いわゆる典型的なアイドル現場での沸き方をするのだが、時折冷たい視線を感じることがある。その視線の先には、運営スタッフがいる。おそらくリフトやダイブなどをしないか警戒して見張っているのだろうが、その目つきで見られるとすごく嫌な気分になる。最前にいないため、アイドルからのレスがもらえないというのに、険しい顔をしている男性スタッフからのレスはもらい放題。こんなレスはいらない。ノーチャン。

そもそも僕はアイドル現場で騒ぐことを煙たがる運営に対して、あまり理解できないでいる。最近の地下アイドル達の音楽は、でんぱ組が売れ出してからはワチャワチャソングばかりだ。(ex.バンもん!、ICE CREAM SUICIDE、神宿、まねきケチャ、ぜんぶ君のせいだ、など)AKBのような正統派ソングはあまり多くない。というか、少しで注目を集めるために、個性を出そうとした結果、反対に似たようなアイドルばかりになってしまっている本末転倒感はある。話を戻すと、ピンチケが騒げる曲を運営自らが作っているのに、現場で騒ぐと煙たがると言うのは、おかしいのではないのだろうか。会場スタッフが煙たがるのは理解できる。会場の秩序を守るのが彼らの仕事なのだから。だが、運営スタッフが騒ぐことを煙たがったり、止めてピンチケを出禁にしようとする行為は、僕には理解ができない。自らが蒔いた種だというのに、騒ぐヲタクだけを悪者のようにしてしまうのはいかがだろうか。今のトレンドかどうかはさておき、沸ける曲を作って人を集めようとするのは分かる。ライブが盛り上がるようにするのも分かる。しかしピンチケを運営が取り締まって、出禁にしようとするのは、僕は分からないでいる。そんなことで目くじらを立てる運営は、ヲタク達をコントロールできないという力量不足を晒しているだけな気がする。

スポンサーリンク

その点、AJ(アークジュエル)は素晴らしい。ピンチケも沸けるし、行き過ぎた騒ぎ行為を起こすことなく、現場が盛り上がる。誰もが笑顔になれる現場だ。アイドル現場の理想卿だと、僕は思っている。さまざまな理由があるのだが、一番の理由はダンスが素晴らしいからだ。フリコピがありえん楽しい。いい感じに真似できそうでできない難しさがちょうどいい(難易度をわかりやすく例えるなら、ガッキーの恋ダンス)。しかもサビの振りが印象的でポイントポイントで覚えやすいので、新規にも優しい。AJは音楽もダンスも全てが素晴らしい。僕的にはかなりオススメできる現場だ。成長が感じられなくて素人感を拭えない地下アイドルに飽きてきた方に、強くオススメしたい。

書いているうちに、強くAJをオススメしてしまったが、僕は別にAJのヲタクではない(一応書いておく)。ただ、他の運営に対して意見するのに用いさせてもらっただけである(AJありがとう)。

確かに、物を投げたり水を撒いたり、怪我の恐れがある行為に対して、注意喚起や最悪出禁するのは致し方ないと思う。実害が及んでしまうのは危ない。しかし、「はい騒いだー。出禁ね。」と、ほいほいイエローカードやレッドカードを出すのは違うと思う。運営側も話し合いや、自分たちのアイドルグループの現場の治安をコントロールに関して、もっと考えてみてもいいのではないか。少しでも話ができる運営が増えてくれると僕は嬉しい。(カードをくらった恨み辛みを交えつつ、このブログを書いた。)

※ブログ内に書かれた、(ex.バンもん!、ICE CREAM SUICIDE、神宿、まねきケチャ、ぜんぶ君のせいだ)に対してのDisは有りません。一応補足しておきます。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。